Plant Cell Reports 誌へ星川健助教・野中聡子助教・江面浩教授・三浦謙治教授らの論文が掲載されました

【様々なトマト品種およびトマト野生品種で一過的発現が可能に】

詳細はこちらをご覧ください。

This entry was posted in 遺伝子. Bookmark the permalink.